若年競技者の腰痛「腰椎分離症」について | 東淀川区で痛み、ケガ、姿勢、体型を改善するスペシャリスト。整体、整骨、鍼灸なら当院へ

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

[受付]9:00~20:00(平日12:00~16:00 土曜13:00~20:00予約のみ)
[定休日] 日曜、月曜、祝日

ブログ

若年競技者の腰痛「腰椎分離症」について

2015/11/28

若年競技者の腰痛のひとつ

腰椎分離症があります。

 

10代の発育期にオーバーユース(使いすぎ)

が原因であったり、先天的に腰の骨が

弱い事が原因で腰の骨が

疲労骨折し痛みが出てきます。

 

特に野球・バレーボール・バスケなど

体を捻る動作や、前にかがむ動作、

後ろに反る動作が多い競技に発生します。

 

予防には腰にかかる負担を

軽減させるために、股関節に柔軟性を持たせ

股関節を使える割合を多くします。そして

体幹周りをしっかり鍛え腰を

使いすぎた状態を減らしていきます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。