危険な睡眠時熱中症 | 東淀川区で整骨院を運営し健康にまつわる情報をブログでも公開中です

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

ブログ

危険な睡眠時熱中症

2016/07/09

高齢者の熱中症の約5割は睡眠時に起こる

といわれています。これを睡眠時熱中症と

いいます。

 

睡眠中は300~500mlの水分が出て行って

しまっています。ですが、6~7時間の間水分を

補給する事が出来ません。

 

そのため、起床時に頭痛や倦怠感、めまいを

感じた場合は睡眠時熱中症が発生していると

考えられます。

 

対策は就寝前に十分な水分を補給する事。

適度な室温を保つこと。吸水性に優れた

パジャマを選ぶ事です。そして、就寝前に

アルコールを飲むことはなるべく避けましょう。

 

飲む場合は就寝前ではなく、夕食時にのみ

睡眠時にはアルコールが抜けている状態に

しましょう。または、飲んだアルコールの5倍の

水分をしっかり補給しましょう。

 

室内だからといい油断は禁物です。

要注意し今年の夏を乗りきりましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。