夏場の睡眠環境づくり | 東淀川区で痛み、ケガ、姿勢、体型を改善するスペシャリスト。整体、整骨、鍼灸なら当院へ

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

[受付]9:00~20:00(平日12:00~16:00 土曜13:00~20:00予約のみ)
[定休日] 日曜、月曜、祝日

ブログ

夏場の睡眠環境づくり

2016/08/20

夏場寝るときクーラーや扇風機によって身体

は大きく負担がかかっていることがあります。

 

翌朝の体のだるさ、ひどい喉の渇きがある

場合は体調を崩す可能性が高い睡眠環境

といえます。

 

人は睡眠に入ると約3時間交代にレム睡眠

とノンレム睡眠を繰り返しています。

 

そのレム睡眠時は脳も休んでいるため

体温調節が鈍くなります。そのため必要

以上に身体が冷え切ってしまう事があります。

 

そのためクーラーは睡眠時つけっぱなしに

する事はオススメしません。オフタイマーを

3時間に設定するなど負担を減らす心がけ

をしましょう。そして扇風機は首フリ機能を

使い、体の一つの面のみ体温が低下すること

を防ぎましょう。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。