不足しがちな栄養素「タンパク質」を摂ろう | 東淀川区で痛み、ケガ、姿勢、体型を改善するスペシャリスト。整体、整骨、鍼灸なら当院へ

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

ブログ

タンパク質の食べ方

2021/11/19

みつわ鍼灸接骨院では、

血液データを分析して、

身体の栄養状態をチェックしています。

 

最近は、タンパク質不足の方がほとんどです。

 

タンパク質は、髪や皮膚だけでなく

免疫細胞の材料でもあり、

身体を作るベースとなる栄養素です。

 

タンパク質の代表選手は

肉・魚・豆類・玉子です。

 

特に玉子はパーフェクトフードとも呼ばれ、

今では、コンビにでもゆで卵が置いていますので

簡単に手にする事が出来ますよね。

 

一時期は、コレステロールが高いと

心配されていましたが、

一日3個なら、食べすぎにはなりません。

 

健康補助食品であるサプリメントも

タンパク質が一緒に働かないと

活躍できません。

 

ぜひ、タンパク質をたくさん食べましょう。

オススメのタンパク質

高タンパク低脂肪が良い

 

と言われています。

 

しかしながら、脂質も重要な栄養素で

ちゃんと食べないといけません。

 

食事の17%以上がタンパク質だと発がん性が上がる

 

という研究発表もあるので、ご注意くださいね。

 

でも、100gの肉を食べたからと言って

タンパク質が100gあるわけではないので

ご安心ください。

 

ですので、プロテインよりは、普通の食材が良いです。

 

オススメは、日本人が昔から食べている

魚、鶏肉、大豆です。

タンパク質の秘密

腸内環境が整っていれば

体内でタンパク質を合成することが出来る。

 

という事実を、あなたはご存知ですか?

 

昔、日本で活躍していた飛脚は

粗食だったのに、毎日100~150km

走れたそうです。

 

(飛脚に関する解説記事はコチラ)

 

タンパク質は、炭水化物に窒素が結合したもの

 

ですので、腸内で吸収されるときに

血液内の窒素と結合して

タンパク質を作ることが出来るんです。

 

ただし、現時点の腸内を

ちゃんとキレイにしないと無理なので

どうすれば良いのか、

改めて記事にしますね。

コチラの記事もご参照ください。

 

★ウイルスに負けない身体をつくろう シリーズ

 

「体温を上げる」

 

「バランスよく食べる」

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。