自宅で出来る「自律神経調整法」 | 東淀川区で痛み、ケガ、姿勢、体型を改善するスペシャリスト。整体、整骨、鍼灸なら当院へ

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

[受付]9:00~20:00(平日12:00~16:00 土曜13:00~20:00予約のみ)
[定休日] 日曜、月曜、祝日

ブログ

自宅で出来る「自律神経調整法」

2021/09/11

季節の変わり目には、体調を崩す人が多く出ます

 

それは、気温が一日の内で5℃以上変化すると

身体の調整機能である「自律神経」が乱れるからです

 

自律神経は、無意識で内臓を調整していますので

胃腸の調子に影響があります。

 

免疫バランスを含め、全身をコントロールしているので

自律神経が乱れる事で、風邪を引きやすくなったり

血の巡りが悪くなって、筋肉のこわばりも出てきます。

 

 自律神経を簡単に説明すると

身体を興奮させる「交感神経」

リラックスさせる「副交感神経」

という二つがあります。

 

それぞれが別々で

働いているように思われていますが、

実は、複雑に絡み合って身体に作用します。

 

交感神経と副交感神経両方高まっている時は

プロスポーツ選手でいう「ゾーンに入った」状態です。

 

場合によっては、

交感神経も副交感神経も弱くなってしまい

「疲れているのに、休めない」

という状態になる人もいます。

 

どちらかの神経が強い方が良いということは無くて

状況に応じてバランスよく作用するようになると良いのです。

 

自律神経は、背骨に沿って流れているので

当院の猫背矯正を受けて姿勢をよくすると

自律神経のバランスも整ってきます。 

 

※自律神経失調症についてはコチラもご覧ください

自宅で出来る 自律神経調整法

●副交感神経を高める方法

免疫力は副交換神経によって活動量がアップします。

まぁ、高まりすぎるとアレルギー症状が出てしまいますので

高めすぎても行けないのですが、

ここでお伝えする方法は、そこまで高まらないので

安心してくださいね。

 

★湯船にゆっくり浸かる

 

★腹式呼吸で深呼吸をする

 

★ぼーっとする時間を作る

 

★時間をかけてストレッチをする

 

★軽く目を閉じて、まぶた全体を柔らかく圧迫する

 

などです。

 

●交感神経を高める方法

なんと無く、全身がだるい。動く気力が起きない

という場合は、交感神経の働きが弱くなって

副交換神経が高まりすぎているかもしれません。

そんな時に、交感神経を高めましょう。

 

★意味のない言葉を、大声で叫びながら30秒ほど全身を激しく動かす

 (カラオケボックスで行うと良いのでは?) 

 

★身体を動かす

 始めは、ラジオ体操や歩くだけでも良いですが、

 可能な限り、負荷の強いトレーニングをするとより効果的です。

 

★呼吸をあえて早く行う

 

などです。

 

心の病でお悩みの場合も、

この交感神経を高める方法を使う方法を

セルフケアとして行う場合があります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。