院長エッセイ「成功の反対は失敗?」

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

ブログ

院長エッセイ「成功の反対は失敗?」

2021/10/19

※この記事を初めて見るあなたは

「成功するのに必要な事」

を先にご覧くださいね。

==================

成功の反対って、失敗だと思いますか?

残念ながら、それは違うようです。

 

このことについて一緒に考えていきましょう。

 

まず、成功についてですが

何かやろうとして、こうなればいいな

というのが実現したというのが成功とします。

 

例えば、バスケットボールのフリースローで

ゴールに入れるのを「成功」とします。

 

この場合、経験がないなら1回目から上手くいくのは

本当に難しいですし

連続で決めるとなるとなおさらです。

 

なので、失敗をするという事は

このやり方ではダメだ

と、いうことがわかりますよね。

 

そこで、どうやればゴールに入るのか

修正して、失敗してを繰り返し

工夫しながら挑戦し続けます。

 

すると、ちゃんとゴールに入るようになります。

 

という事は【失敗は成功のもと】

 

と言う言葉は信憑性がありますよね。

 

もちろん同じ失敗を繰り返していて

成功につながる事はありません。

 

常にどうすればよかったのか、とか

どこをどうまずかったのか、とか

 

色々とチェックして改善していく

 

ということが必要になります。

つまり、「成功の反対は失敗」ではなく

成功する前に諦めなければ

いつかは必ず成功する

ということにつながってきます。

 

では

成功の反対とは何でしょうか?

 

少し逆に考えてみましょう。

【失敗しない方法】は何でしょうか?

 

わかりましたか?

 

そうです。「そのまま」でいることです。

何も変わらないので、失敗しない代わりに

成功も手に入りません。

 

とりあえず成功するためには

何かしら、動き続けなければなりません。

 

となると、「成功の反対は失敗」ではなくて

【成功の反対は『何もしない』】

 

ということになります。

あきらめなければいつかは成功する。

 

あの電球を発明したエジソンも

何十回何百回と失敗を重ねた上で

発明品を誕生させました。

 

失敗を恐れずにどんどん動いて

間違えたと思えば、そこに気づいて

修正をかけて改善していけばいいのです。

一方踏み出すにはとても勇気が必要です。

 

じっとしてることの方が楽なことも多いですが

成功するためには思い切って動くことが

「絶対に」必要です。

 

なので、昨日の院長ブログで書いてある

「絶対成功すると決める」ことが大切です。

 

大丈夫。あなたならできます。

 

この話を聴いた時、私はとても勇気を貰いました。

 

何かにつまずいたり、一方踏み出す勇気が出ない方にも

この話をして時に、とても喜んでいただけたので

あなたにも知ってほしくてこの記事を書きました。

 

もう一度言います。

 

大丈夫。あなたならできます!

 

あきらめなければ、絶対に成功を手に入れます!!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。