サウナで「ととのう」外気浴のやり方

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

[受付]9:00~20:00(平日12:00~16:00 土曜13:00~20:00予約のみ)
[定休日] 日曜、月曜、祝日

ブログ

サウナで「ととのう」外気浴のやり方

2021/11/04

サウナで「ととのう」シリーズ第4弾です。

まずは、この記事から読み進めてくださいね。

●サウナで「ととのう」って、何が整う?

外気浴は、気持ちよさ最優先

いよいよサウナの真髄、外気浴です

 

水風呂から出たら手早く体を拭き

外気浴に向かいましょう。

 

体を拭くのは

気化熱で冷めないようにするためです。

 

乾いたタオルでも濡れタオルでも

どちらでも大丈夫です。

 

水風呂で体が冷えているのに

外で外気浴なんてしたら

寒くて死んでしまうのでは?

 

と、心配かもしれませんが

全然辛くありません。

 

このときの身体は魔法瓶のように

熱を閉じ込めているからです。

 

1回サウナに入ることで、深部体温が0.8℃上がり

水風呂に入ることで0.2℃下りはするものの

その下り幅はわずかです。

 

しかも、水風呂の効果で

肌表面の毛穴や血管が閉じているので

熱が放散されにくくなっていますので

 

ぽかぽかして、とても気持ちいいのです。

横になると別次元の整いが

体勢は、ととのい椅子に座るか

スペースがあれば横になるのがお勧めです。

 

血流が手足の末端に流れやすくなり

深部の熱が末端に分配されることで

副交感神経がより一層優位になります。

 

横になると、次元の違う整いが待っています。

 

あまり良くないのは起立の状態

心臓に負担がかかってしまいます。

 

外気浴タイムは季節によりますが、5~10分程度

 

足の末端が少し冷たく感じる程度までです。

 

ワンセット終えたら水分補給して

3~4セット繰り返しましょう。

外気浴を行うにあたり重要なのは

速やかに行動することです。

 

なぜなら.水風呂出た瞬間から

ととのいタイムのカウントダウンが始まるからです。

 

「ととのい」とは、血液中に興奮状態の時に出る

アドレナリンが残っているのに

 

自律神経はリラックス状態の

副交感神経優位になっている

珍しい状態です。

 

そして真のととのいタイムは、約2分間で終了します。

 

水風呂出た後に体や髪を洗ったり

外気浴への動線が悪くて

移動に時間がかかったりすると

 

貴重なととのいタイムが削られてしまいます。

 

サウナ室や水風呂に入ることで

体は日常と違う過酷な環境に適応するために

アドレナリンを出して興奮状態になります。

 

しかし、外気浴を行うことで

人体は生命の危機を出したと感じ

一気に副交感神経優位になります。

 

直前まで交感神経優位に引っ張られていた分

今度は副交感神経側に大きく振り切れます。

 

 

そのアドレナリンが血液に残っている時間は2分

つまり、この2分間は

 

アドレナリンが残っているのにリラックスしている

 

ゾーンに入ったような状態になると言うことです

 

だからこの貴重な2分間を存分に味わうために

水風呂から出た後は速やかに行動することが大切です。

医学的に理想的なサウナの入り方

をお伝えさせていただきました。

 

目的別のサウナの入り方もあるので

別記事にさせていただきます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。