夜中の強い噛みしめ(歯ぎしり)のセルフケア

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

ブログ

夜中の強い噛みしめ(歯ぎしり)のセルフケア

2021/12/04

朝起きた時に顎周りがしんどかったり

頭が痛い人は、寝ているときに

強く噛みしめていて

歯ぎしりしているかもしれません。

 

「歯ぎしりは寝てるときの無意識だから治らない」

 

と思っている方もいるかもしれませんが

歯ぎしりの仕組みを理解できれば

予防・改善ができます。

 

夜に強く噛みしめが起こるのは

実は脳の中に原因があるのです。

 

起きている間に運動が足りない

と脳が感じていると脳の1番近くにあって、

とても強いパワーが出せる

顎の筋肉を使って運動させるのです。

 

無意識で行う力は本当に強いので
奥歯がすり減ってしまうこともあるようです。

 

対策としては

昼間に体がくたくたになるまで

運動してあげれば良いのですが

 

場所や時間の確保が難しいと思います。

 

そこで、30秒程度工夫をすることで

脳に運動をたくさんしたと

感じさせることができます。

夜の噛み締めを改善する工夫

===交感神経強制活性化===

意味のない言葉を大声で叫びながら

全身をじたばたと激しく動かす

===============

 

大声で叫ぶことで交感神経が一気に高まり

その状態で全身を激しくジタバタさせること

 

短時間の運動であっても

脳はとても身体を動かしたと勘違いします。

 

交感神経がかなり強烈に高まるので

その反動でリラックスするために働く

副交感神経が劇的に活性化します。

 

この2つの作用により

脳の中は運動が十分だと認識して

夜中の噛み締めがなくなります。

 

●ストレスが強く溜まっている

●睡眠障害で眠りが浅い

●気持ちがとても落ち込んでいる

●ウツと診断されている

 

こういう場合にも

リラックスが高まる方法として使っていただけます。

 

大声で叫ぶ時に

「アホ」とか「ボケ」とか

意味のある言葉を言ってしまうと

良くないですので

 

「あー」とか「ピー」とか

意味のない言葉を絶叫してください。

 

大声を出すという意味では

カラオケもとても効果的です。

 

「意味のない言葉を叫びながらジタバタする」

という行為は、自宅では正直難しいですよね。

 

1人カラオケに行って

何曲かお気に入りの歌を歌って

 

カラオケ終了直前にガンガンに音楽をかけながら

マイクを使わずに絶叫してジタバタすると

とてもやりやすいのでは?

 

これをお伝えして実践している方々は

●朝起きたときのしんどさが楽になった

●ぐっすり眠れるようになった

●朝起きたときの顎のしんどさがない

 

などなど、喜びの声をたくさんいただいております。

 

あなたも「かみしめ」「歯ぎしり」でお困りなら

ぜひお試しくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。