第3話 忘れ物キング 【小学校3年生】 | 東淀川区で整骨院を運営し健康にまつわる情報をブログでも公開中です

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

ブログ

第3話 忘れ物キング 【小学校3年生】

2015/01/30

さて私は、尼崎市立 園田北小学校 へ 入学します。


園田北小学校は私が生まれた

1972年に創立された学校です。

 


ちなみにこれは北門です。
JR猪名寺駅の目の前なんですよ。

私は南門を利用していました。

 

この学校は当時は集団登校でした。

1年生~6年生まで近所の子が集まって通学します。

 

普通は歩いて30分かからない通学路なのに
いつも45分位かかっていました。

常に遊びながら通っていたんです(笑)

 

この時、一緒に通っていたM.I君という同級生から
「コケチャロボット君」というナゾのあだ名をいただきました。

ひょっとしたら、【イマイのロボダッチ】が流行っていたから??


まぁ、そう呼んでいたのは彼だけですが(笑)
 
昼休みには、給食の早食い競争をして、
牛乳を飲み終えていない友達を笑かしにいき、
すぐ外に出て色々遊び倒していました。

 

授業中には張り切って手を挙げ、
質問をドンドンしている、

アグレッシブな子どもでした。

 

小学校3年生当時、忘れ物がとても多く(今でもですが・・・)
忘れ物をするたびに、漢字書き取り〇〇文字
というルールがあり、2万字とか3万字まで行って
学校に居残りでとにかく雑に書いた記憶があります。

 

なので、今でも文字が汚いのかもしれません(笑)

 

この小3の授業中に、「今から死んでやる!!」と、 

教室を飛び出して、学校の最上階の4階まで駆け上がり

窓の外へ出て、身を乗り出した事があります。

 

目立ちたがり屋ですぐに調子に乗る私です。

 

何度か、クラスメートから無視されていました。

 

担任のK先生から、

毎日、厳しい指導をクラスメートの前で

受けていた事を思い出します。

 

それが、原因だったのか定かではありません。
なぜか、授業中にクラスメートが私を無視していたのです。 

 

「誰も、止めへんのか!」とか叫びながら

下を見て怖くなって、しばらく経ってから

結局、窓から校舎内へ戻りました。

 

今でも「無視される」事が、とても嫌なのは、

この頃の嫌な経験があるからでしょう。

 

「人から嫌われる」というのがとても怖い

という一面も現在、残っています。

 

この担任のK先生がよほど怖かったのでしょう。

小6の時に実感した出来事があります。

その話は、後ほど・・・  

 

小4の時に、「音楽クラブ」に在籍し、
トランペットを吹いていました。
小5になる時には、尼崎少年音楽隊 トランペット隊に入りました。

 

※「今井綱志 物語」まとめブログはコチラ 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。