適量で動脈硬化予防に 「ビール」 | 東淀川区で痛み、ケガ、姿勢、体型を改善するスペシャリスト。整体、整骨、鍼灸なら当院へ

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

[受付]9:00~20:00(平日12:00~16:00 土曜13:00~20:00予約のみ)
[定休日] 日曜、月曜、祝日

ブログ

適量で動脈硬化予防に 「ビール」

2015/03/30

2b3c4d9f829f4de9db755d30f66da0c1_s

ビールを適量(1日大瓶2本以内)飲むと、

善玉コレステロールが増え、

動脈硬化の予防につながります。

 

また、毎日ビールをグラス1~2杯飲む人は、

全く飲まない人よりも胆石ができる率が

40%も低くなるということがわかっています。

 

これは、ビールの原料であるホップが、

胆石を作る成分のひとつである

カルシウムの排せつをうながすから

といわれています。

 

食前酒としてのコップに1杯程度飲むと、

ビール酵母の働きで

胃腸が活性化するので、

 

夏バテで食欲が出ない時に

一口二口ビールを飲むといいでしょう。

 

ただし、ビールは尿酸のもとになる

プリン体を含むので、

飲みすぎると高尿酸血症から

痛風になる危険があります。

 

痛風は尿酸の原因となる

脂肪分たっぷりの肉がメインの脂っこい食事や

ビールをふんだんに飲むような生活を続けている

 

肥満気味の中高年男性がかかるといわれています。

 

注意しましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。