【小学1年】いただきます の意味を知る

お問い合わせはこちら

オフィシャルサイトを見たとお電話ください![24時間電話対応]

ブログ

【小学1年】いただきます の意味を知る

2021/09/15

私は現在、どういう食事を食べていても

美味しくいただくことができます。

 

例えば、同じ料理が何度か続いても

文句を言うことはありません。

 

それは母の教育のおかげです。

反抗期になると、

母の作る食事や弁当に文句を言ったことがありました。

 

すると母は、文句を言われたおかずをそのままゴミ箱に入れたり

文句を言った次の日のお弁当が、弁当箱いっぱいの白米と梅干しのみ

という日の丸弁当だったりして、

作ってくれた感謝を忘れると強烈なしっぺ返しがあったのです。

 

その母の教育の元になるであろうエピソードは

小学校1年生の時にありました。

 

小学校に上がって、母の実家へ遊びに行ったときのこと

母方の伯母の家に午前中に呼ばれて遊びに行きました

 

元気に走り回る鶏を見せてもらった時に

伯母から「1番元気な鶏はどれ?」と聞かれ

「あの鶏が元気」と指を指しました。

 

夕方、私の小学校入学祝いだと言うことで

伯母宅に親戚一同集まってくれました

 

鹿児島の人たちは、おもてなしがすごいので

沢山の料理がテーブルを埋め尽くしていました。

そこで、「これを食べてごらん」と、

食べたこともないようなおいしいお肉を食べたのです。

 

そのお肉をおいしいおいしいと言って食べていると

「このお肉は何かわかる?」と聞かれたので私はわかりませんでした。

 

なんと、私が指刺した鶏の刺身でした。

 

「こんなかわいそうなお肉、食べられへん」と私が言うと

 

「命をありがたくいただく、ということが『いただきます』と言う事だ」

と言うことを教えていただきました。

 

その時に、

農作物にも命があり

作るときには愛情いっぱいかけて育てている。

 

どんな食材も、勝手に出来ているようで手間がかかっている。

 

料理をする時も、美味しくなるように

料理人から愛情が注がれて作られている。

 

なので、出された食事はちゃんと感謝を込めて食べる必要がある。

 

その、多くのつながりに感謝をして食べるために

「いただきます」と食べる前に手を合わせるのだ。

 

と言う話を、ありがたく聴かせてもらい

出された料理を美味しく全部いただきました。

 

かなり、貴重な食育をしていただけた、小学校1年生の夏休みでした

 

生まれて初めて食べた鶏の刺身は、めちゃくちゃおいしかったです。

今でも、鳥の刺身は好物です。

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。